一般内科|なかつる内科クリニック|京都市 上京区 晴明町

LINE 友達に追加 LINEで受付が可能です
075-414-2684 京都府京都市上京区清明町811番地

一般内科

一般内科とは

私たちの身体に発生する病気は非常に多岐にわたっており、様々な診療科が設けられています。このうち「一般内科」では、細かな専門領域にこだわらず、風邪や腹痛などの一般的な診断・治療を行います。生活の質を落としかねない病気を早期に見つけるため、発熱やのどの痛みなどで苦しんでおられる方のみならず、健康上の不安のある方もお気軽にご受診ください。

このような症状の方はご受診してください

  • 高熱が出た、熱が下がらない
  • 咳、鼻水、のどの痛みがある
  • 胸やけがする
  • 食欲がない、これまで好きだった食べ物が喉を通らない
  • 胸が痛い、圧迫感がある
  • 頭が痛い、頭がモヤモヤする
  • 立ちくらみ
  • 少し身体を動かしただけでも動悸、息切れする
  • 肌がむくんできた、発疹がある
  • 喉が頻繁に乾く
  • 尿に異常がみられる(出にくい、近い、血が混じる)
  • 疲れやすくなった
  • 体重が増えてきた、または痩せてきた など

一般内科で扱う主な疾患

急性症状
風邪症候群 インフルエンザ 咽頭炎 扁桃炎 気管支炎 肺炎 胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐) 尿道・膀胱炎 熱中症 など
慢性症状
糖尿病 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 高尿酸血症(痛風) 貧血 頭痛 骨粗しょう症 うつ病 不眠症 アレルギー疾患(アトピー 花粉症 じんましん) など

風邪症候群

鼻腔から咽頭までの上気道に急性の炎症が生じる病気を総称して「風邪症候群」と呼びます。ライノウイルスやコロナウイルス、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス、一般細菌、肺炎マイコプラズマなどが上気道内の粘膜に付着し、増殖することによって発症します。これらのウイルスは飛沫感染などによって広がっていきますので、外出時にはマスクをする、外出後は手洗い・うがいを欠かさない、などの予防対策を行うことが大切です。

腹痛

腹部に自覚的な痛みを感じる病気の総称です。腹部を中心として、体内で何らかの異常が発生した場合、この異常を伝えるために痛みが発生します。従って、痛みが生じている原因を特定し、それぞれの疾患ごとに適切な治療を行う必要があるのです。

この原因となるのは、虫垂炎、小腸や大腸の閉塞、ヘルニア嵌頓、消化性潰瘍、突発性食道破裂、胃腸炎、急性胃炎、悪性腫瘍、急性胆嚢炎、急性肝炎、急性膵炎、腎結石、急性膀胱炎、子宮外妊娠、虚血性心疾患、大動脈瘤破裂、虚血性大腸炎、過敏性腸症候群など多岐にわたります。すぐに治療しないと、手遅れになりかねない疾患も含まれておりますので、強い腹痛を感じられた方は躊躇せずに医療機関を受診するようにしてください。

発熱

風邪症候群をはじめ、様々な病気に罹患した際に、体温が上昇することがあります。これが発熱です。正常体温は36.5℃前後の方が多いのですが、ヒトによって基礎体温は異なります。そのため、あくまでも目安ですが、臨床的には37.5℃以上の場合を「発熱」と呼ぶことが一般的です。さらに、38.5℃を超える場合を「高熱」と呼び、歩行や立ち上がることが困難になります。

通常は発熱を下げる必要はありませんが、発熱に伴う疼痛や炎症を抑えるため、解熱剤などを用いることもあります。さらに、深刻な疾患から発熱しているケースもあるため、発熱が続いている方は、医療機関を受診し、必要な治療を受けるようにして下さい。